理念・校長メッセージ

Philosophy理念

個性を伸ばし
自信を付けて
世界に
送り出す。

Develop the individual,
give them confidence,
and send them out into the world.

急速にグローバル化が進む現代においては、経済、環境あるいは感染症など、一国ではとても解決できない地球規模の問題が多く、全世界が協力し、解決していくことが必要となっています。

世界的な舞台で活躍できる「英語が自由に使える国際人」の育成が、今の日本において一層求められており、子ども達が将来、広い視野を持って社会で活躍するためには、英語の修得は必須と考えます。

また、各国のアイデンティティが共存している中で、世界共通の課題を解決していこうとするグローバル社会においては、自国のアイデンティティを確かにもっていることが必要とされます。世界の舞台に出ると各人は、自国の代表としての意見を発する立場に置かれる機会が多く、「日本ではどうですか?」「日本人としてどう思いますか?」と、日本人としての視点や論拠を求められるようになります。そのため、本校では『和魂英才』という教育方針のもと、英語教育に力を入れると共に、カリキュラムの中で日本の文化や価値観について学ぶ機会を設けています。

日英のバイリンガル教育を通じ、多様性を理解・尊重することを学び、それと同時に自国のアイデンティティへの造詣を深めるというプロセスは得がたい経験であり、世界へと羽ばたく際に大きな自信につながると考えております。

「個性を伸ばし、自信を付けて、世界に送り出す」。
それがリンデンホールスクールの夢であり、使命です。

和魂英才

明治維新の時代、新政府には『和魂洋才』という思想がありました。それは、欧米先進国との関わりを持つ上で、日本伝統の精神を大切にしつつ、西洋からの学問・技術などを積極的に取り込み、両者の調和的発展を願うものでした。しかも、この言葉には先駆的なルーツがあり、それは約1000年前、学問の神様・菅原道真公の提言である『和魂漢才』という思想です。和の心を大切にしつつ、中国大陸の学問を活用し、総合的な判断力を養うという、示唆に富んだ言葉です。このように、日本の精神を持ちつつ海外の文化を取り入れるグローバリズムの意識は古来より営々として受け継がれて来ました。本校が掲げる『和魂英才』は、これらを継承し、発展させるものです。「英語をツールとして使いこなしながら、日本の良さを世界に発信できる国際人を育みたい」という想いが込められています。

president_portrait

Message校長メッセージ

リンデンホールスクール中高学部は2010年に開校いたしました。急速にグローバル化が進み、変化し続ける国際社会に通用する人材育成を目標とし、そのための教育を実践しています。

国語以外のほぼ全ての授業を英語で行う「英語イマージョン教育」を採用。
英語でインプットとアウトプットが自由自在にできるようになるだけではなく、自分の考えをロジカルに伝える表現力をプレゼンテーションやグループディスカッション等を通して身に付けます。

様々な国籍の教師陣による授業や留学体験、ボランティア活動を通して、生徒達は多様性を学び、共感力を身に付けます。同時に、「インサイト」の授業では、外国と日本を比較し、多角的な視点を養いながら自国についての理解も深めていきます。
また、国際的な教育プログラム『インターナショナル・バカロレア・ディプロマ・プログラム(IBDP)』を2013年に導入し、IBDPを英語イマージョン教育で実施しているのは本校の強みです。探求型学習で、個性を重んじるこのプログラムは、自分の頭で考え抜く力を養い、また、世界の大学に進学する可能性を広げるものであり、グローバル社会へ踏み出す確かな一歩となっています。

個性と自主性、共感力、叡智を兼ねそなえた、国際的に活躍できる人材の育成を行い、「個性を伸ばし、自信を付けて、世界に送り出す」というリンデンホールスクールの教育理念の実践を目指します。

リンデンホールスクール
中高学部校長
都築 明寿香
movie_overlay
bur_history
中高学部

High School

Loading